老人会の方々が訪問、体験されました

 8月30日(木)、向山校区シルバーボランティア7名の方が通所介護事業所
「向山デイサービスセンター」へ見学に来られ、「シャキッと健康教室」のプログラムに参加されました。
 介護予防に向けたプログラムを利用者の方々と一緒に体験され改めて介護予防の大切さを
感じておられました。

介護20180918

8月1日より超強化型老健施設へ移行しました

 平成30年4月の介護報酬改定に伴い、サービス類型が見直され、介護老人施設は5類型
(超強化型、在宅強化型、加算型、基本型、その他型)に分類されました。
白藤苑においては、8月1日より「超強化型」へ移行しています。

*超強化型老健とは・・・リハビリテーション職員や支援相談員を多く配置して
               老健の中でも特に在宅復帰、在宅支援機能が特化した施設のことです。 

学会で、注目される発表を行いました

 6月29日(金)~7月1日(日)、兵庫県の神戸国際会議場で開催された
「第63回日本透析医学会学術集会」であけぼのクリニックの幸看護・介護統括が
「高齢者のCAPD導入における看護小規模多機能施設の役割についての一考案」について発表致しました。

幸統括透析医学会神戸

とりいが開所1周年を迎えました

 ほーむ安堵けあ とりい(看護小規模多機能型居宅介護事業所とりい)が開所1周年を迎えました。
引き続き介護の必要な方々に生活支援ができるように努めていきます。

とりい1周年

平成29年度 熊本県老人保健施設大会で発表しました。

 3月8日(木)、グランメッセ熊本で行われました平成29年度熊本県老人保健施設大会で、白藤苑から
3演題の発表を行いました。
熊本県老人保健施設大会 

力合校区JR避難誘導訓練に参加しました。

 4/15(日)、「力合校区JR避難誘導訓練」にグループホームおりがえの職員が参加しました。熊本駅より列車が出発し、西熊本駅付近で緊急停止。避難はしごで降車、その後避難先である力合小学校へ徒歩で移動しました。幼児から高齢者まで多くの参加があり、校区の防災意識の高さや「自助・共助」の重要性を感じました。避難訓練に参加することで、忘れがちになっている防災意識を再認識しました。

 JR_kunren1 JR_kunren2

「熊本地震 老健からの報告―あの時何がおきたのかー」に掲載されました。

 「熊本地震 老健からの報告―あの時何がおきたのかー」について、震災対応記録誌の中で
介護老人保健施設 白藤苑の記事が掲載されました。

白藤苑地震記事掲載

白藤苑家族懇談会を開催しました。

 4/8(日)、介護老人保健施設白藤苑にて家族懇談会を開催いたしました。30名の入所者家族が参加され、施設での取り組みや、平成30年4月に実施された介護保険制度改定に関する説明を行いました。ご家族同士の交流や意見交換の場となり、有意義な時間を過ごすことができました。

 家族懇談会_1 家族懇談会_2a

 

つながるにじいろカフェが開催されました。

 3月31日(土)特別養護老人ホーム力合つくし庵にて、つながるにじいろカフェ(脳カフェ+地域食堂竹ちゃんち+おりがえカフェ+ワークショップ)が開催されました。脳の病気についての講座や食事・ワークショップ等を通し、子供から高齢者まで多くの方が交流し、1日楽しい時間を過ごしました。
 4月2日(月)の熊日新聞にも掲載されました。

にじいろカフェ

力合地区(力合筋トレくらぶ)で講義を行いました。

 3月15日(木)、力合地域コミュニティセンターにおいて、「膝・腰・肩痛の起きるしくみと改善方法」のテーマで講義を行いました。力合筋トレくらぶの会員の方を中心に、20名ほどの参加がありました。
 地域密着型施設である「とりい」では、地域住民の活動について積極的な支援を行っています。

力合筋トレくらぶ

1 / 3123