8月1日より超強化型老健施設へ移行しました

 平成30年4月の介護報酬改定に伴い、サービス類型が見直され、介護老人施設は5類型
(超強化型、在宅強化型、加算型、基本型、その他型)に分類されました。
白藤苑においては、8月1日より「超強化型」へ移行しています。

*超強化型老健とは・・・リハビリテーション職員や支援相談員を多く配置して
               老健の中でも特に在宅復帰、在宅支援機能が特化した施設のことです。 

2017年の年末行事のひとつである餅つきを行いました。

2017年12月28日(木)に、白藤苑にて餅つきを行いました。
ご利用者様と職員が一緒になって餅つきを行い、仮装して歌っている職員を見て皆さん喜び盛り上がっていました。

白藤苑もちつき00 白藤苑もちつき02

介護保険法の改正において、老健施設の「在宅支援」機能が明示されました。

roken