【あけぼのクリニック】糖尿病透析予防指導をはじめています

糖尿病透析予防指導をはじめています。
詳しくは、外来受付までお問い合わせください。
糖尿病透析予防指導

12月3日(日)、第50回九州人工透析研究会総会で発表を行いました。

12月3日(日)、第50回九州人工透析研究会総会(福岡市)で、あけぼの第2クリニックの看護師、臨床工学士の計4名が発表を行いました。

演題名:RO装置の熱水未消毒が透析液のET値と生菌数におよぼす影響
発表者:寺岡 剛

演題名:血液透析患者の視覚障害についての実態調査
発表者:吉本 宝代

演題名:透析患者における手指末梢循環障害と皮膚灌流量との関連
発表者:久保 亮太

演題名:下肢末梢動脈疾患のスクリーニングにおける皮膚灌流量の有用性
発表者:川上 隆太郎

20171208_九州人工透析研究会総会

12月6日(水)、熊本ファブリー病セミナーであけぼのクリニック副院長 田中元子先生の基調講演があります。

12月6日(水)の18:10~18:40で、あけぼのクリニック副院長 田中元子先生が以下の基調講演を行います。

・ファブリー病を早期診断に導くために実地医科診療で取り組んでいること「問診」

 

【セミナー情報】

熊本ファブリー病セミナー ~熊本だからできること~

日時:2017年12月6日(水) 18:00~20:30

会場:熊本大学医学部附属病院 医学教育図書棟4階 第3講義室(座席数130)

住所:〒860-8556 熊本県熊本市中央区本荘1-1-1

12月4日(月)から8日(金)まで、熊大医学生(3年生)の研修を行っております。

124()から8()まで、熊大医学生(3年生)の研修を行っております。

 

12月1日(金)より、整形外科の外来診療時間が変更になります。

12月1日(金)より、整形外科の外来診療時間が以下のように変更になります。
月曜日から金曜日は午後が休診となり、受付が12時30分で終了、診療時間は13時までとなります。
なお、金曜日の午後のみ熊大医師が診療を行います。
20171201整形外科診療時間変更

熊本大学小児科 城戸先生との共同論文が出ました

A significant difference in the blood carnitine values obtained by the enzymatic cycling and tandem mass spectrometry methods” to be published in the journal “Clinical Laboratory”

副院長の田中先生は共著者です。

第20回日本腎不全看護学会学術集会・総会にて発表しました。

盛岡市で2017年10月21日(土)・22日(日)に開催され、慢性腎臓病療養指導看護師 後藤さんが発表致しました。

熊本大学薬学部丸山研究室の渡辺准教授の論文が出ました。

Watanabe H, Sugimoto R, Ikegami K, Enoki Y, Imafuku T, Fujimura R, Bi J, Nishida K, Sakaguchi Y, Murata M, Maeda H, Hirata K, Jingami S, Ishima Y, Tanaka M, Matsushita K, Komaba H, Fukagawa M, Otagiri M, Maruyama T. ; Parathyroid hormone contributes to the down-regulation of cytochrome P450 3A through the cAMP/PI3K/PKC/PKA/NF-κB signaling pathway in secondary hyperparathyroidism. Biochem Pharmacol. in press
*******************************************************************************
In this study, we report on the role of parathyroid hormone (PTH), a middle molecule uremic toxin, on the expression of drug metabolizing or transporting proteins using rats with secondary hyperparathyroidism (SHPT) as models.

看護小規模多機能居宅介護事業所「とりい」のご紹介。

1F0F584F-8A4A-4B58-88A9-69293B39FC3F
熊本市で3件目となる事業所です。病気を抱えながら「かかりつけ医」に診てもらいながら在宅生活を望んでおられる患者様やご家族様のために開設されました。在宅で末期腎不全のため腹膜還流、血液透析や抗がん剤治療を受けておられる方、人生の終末期で看取りの方、胃瘻の方、糖尿病でインスリン注射をしておられる方などもご利用できますので是非ご相談ください。病気を抱えながら在宅生活を希望されている方の支援をします。悩んでおられる方、どこに相談したら良いのか困っておられるケアマネジャーの方 一度ご相談ください。
●担当 相談員 吉井、施設長 山下 ✳︎電話 ^_^ 096-320-2110

第47回日本腎臓学会 西部・東部学術大会で発表しました。

2017年10月に行われた両学会で症例報告致しました。大会長は柏原川崎医大教授、深川東海大学教授でした。

14 / 15««...1112131415