透析室案内

血液浄化センター(透析室)

当センター(透析室)では、糖尿病や慢性腎炎などが原因で腎臓の機能が低下した患者様の血液透析をおこなっており、外来通院、併設する介護老人保健施設『白藤苑』や特別養護老人ホーム『つくし庵』、入所中の患者様の透析にも対応しています。また、ベッドは全台3モーター医療用ベッドを採用しており患者様自身で自由に体位を調整出来、快適に透析を受けられる環境にしております。
私たちは、患者様の医療安全と治療効果を第―に考え、週3回の治療時間を快適にお過ごしいただけるよう努めております。

スタッフ構成

医師 2名

看護師 10名(透析療法指導看護師2名)

臨床工学技士 9名

看護助手 2名

※『透析療法指導看護師』とは

高度な透析看護技術を有する専門看護師であり、患者様の肉体的・精神的ケアを担うもので、日本腎不全看護学会・日本泌尿器科学会などの5学会が合同で認定する専門資格です。

血液浄化センターの特徴

●電子カルテによりベッドサイドでデーター管理を行いながら透析治療を実施しています。

●作業効率の向上、作業の単純化、ヒューマンエラーの減少、感染リスクの軽減を目的として2012年より全自動患者監視装置を導入しています。

●足のトラブルを回避するため、予防、早期発見・早期治療が重要です。透析センターでは看護部を中心に血流評価、定期的観察、セルフケア指導に力をいれています。

●透析リハビリを行っています。透析治療中にADL維持および向上のためのリハビリを透析患者さんの理学療法に長くかかわっている理学療法士が行っています。

透析中患者様のデーター管理
透析中患者様へのフットケア
透析中患者様への理学療法

設備

中央監視システム
RO水処理装置 1台
多人数用透析液供給装置 1台
A液自動溶解装置 1台
B液自動溶解装置 1台
個人用透析装置 3台
全自動透析用監視装置 44台
透析用監視装置 2台
電動式ベッド 専用TV 49台
最大収容人数49名
透析液供給装置DAB-NX
B液自動溶解装置DRY-01
A液自動溶解装置DRY-11A

●当センター(透析室)の臨床工学部では安全な透析を行うため、日本透臨床工学技士会の定めた透析液清浄化ガイドラインver2.01に基づき透析液の清浄化に取り組んでいます。

血液浄化の治療時間

当院では、患者さんの生活を中心に考え、治療時間を多様化しています。

クール 開始時間 血液浄化センター入室時間
1クール 8:00~11:00 7:45~10:45まで
2クール 12:30~14:00 12:00~14:00まで

食事

お食事を希望される方は、2階病棟食堂で召し上がって下さい。
治療中の食事は、安全上の理由から実施しておりません。

流れ

着替え→体重測定→ベッド準備→穿刺→透析開始→4時間(テレビ・読書等)→透析終了→体重測定→着替え→帰宅

携帯電話

携帯電話の使用は、原則として血液浄化センター内での使用は禁止させて頂きます。
所定の場所での使用をお願いします。

駐車場について

駐車場があります。

ご自宅までの送迎について

ご希望の方には病院車で職員が送迎させていただきます。
病院車の利用をご希望される方は、職員にお尋ねください。