WEBライブセミナーを行いました

 2021年9月7日(火)にWEBライブセミナーが開催され
あけぼのクリニックの田中副院長が
演題「CKD-MBD治療の変遷と新たな治療ターゲット」について講演を行いました。
座長は、あけぼの第2クリニックの加藤院長が務めました。
20210913医療

松下会グループ入所者の第一回新型コロナワクチン接種後の副反応

2583A770-322C-404A-AF5B-7D36991A2B6A
①37 ℃以上の熱発者が16%にみられた。37.5℃以上の方は13名で最高の有熱者は39 ℃であった。②接種部位の腫脹や疼痛は遷延する傾向にあったが7日目までには消退した。③新型コロナ感染の既往のある発熱者は38.3 ℃,38.7 ℃であったが2日目には解熱した。④新型コロナ感染既往の高齢者も副反応は5日目までには消失した。⑤重篤な副反応としてお一人*に全身の紅斑が認められたためソルメドロール125mgを1A投与し、抗ヒスタミン薬を投与した。V/Sには異常を認めず意識レベルの低下も認め無かった。*新型コロナ感染の罹患歴はない。

職員のファイザー社製新型コロナワクチン接種後の副反応結果

若い人達の副反応
①80%前後に副反応が認められたが緊急処置を必要としたり入院を要するような副反応は認めなかった。②接種部位の腫脹や疼痛が最も多かった。③新型コロナ感染の既往がある方は副反応が若干遷延する傾向にあった。
 以上当施設での結果をご報告いたします。

オンライン診療予約システムのご案内

医療法人社団松下会 あけぼのクリニック オンライン診療予約システム
 この度、再診の方を対象に、患者様の通院負担の軽減と利便性向上のため、「オンライン診療」を導入いたしました。特に当院かかっておられて多忙にて受診困難な方、諸種の事情で受診困難な方、お気軽に当院医師・スタッフにご相談ください。

※ オンライン診療は、対面診療と組み合わせることでご利用いただけます。医師から来院するよう指示された場合は、来院して対面で受診してください
※ 診療メニューの記載内容および実際の診療は、厚生労働省の指針や診療報酬制度で定められた要件にもとづき、各医師の判断のもと行われます
※ 医薬品の処方は、必要性・有効性とそのリスクを踏まえたうえで、医師の判断のもと行われます

●診療メニュー
生活習慣病外来
生活習慣病の患者様が利用対象となります。初診の場合は対面での診療が必要となり、その後症状が安定しオンライン診療が利用可能と医師が判断した患者様にご案内いたします。診察時間はおおよそ5-10分となります。
●禁煙外来(健康保険)
健康保険による禁煙外来を当院にて受診し、医師からオンライン診療の説明を受けた方が予約をお取りいただけます。健康保険適応の診察料、薬剤料の他にオンライン機器使用料がかかります。
●産業医面談
自費
当院の医師と産業医契約を結んでおられる企業の社員様が面談を受けるためのメニューです。企業から別途面談指示を受けて再診コードを受領されている方のみが予約可能です。
◆ご不明な点は電話:096-358-7211迄 オンライン診療の相談、とお問い合わせください。担当者が説明いたします。

第2回目の新型コロナワクチンの予防接種が始まりました。

老健「白藤苑」、特養「力合つくし庵」、特養「向山つくし庵」、グループホーム「おりがえ」2回目のワクチン接種が始まりました。5月3日に始まり5月9日に終了いたします。
6B705DD4-E85E-44CC-87C7-5E57C56BDD30

「熊本大学医学部保健学臨床教授」の名称が付与されました

 2021年4月1日付けで「訪問看護ステーションしらふじ」の山下施設長に
「熊本大学医学部保健学臨床教授」の名称が付与されました。
医療20210506

新型コロナウィルス予防接種を開始しました

医療20210414

通常診療のお知らせ

 2021年2月1日より通常外来・入院診療を行っていますのでどうぞよろしくお願い致します。

医療20210222
なお、オンライン診療も行っていますので受付までお問い合わせください。

新型コロナウイルス感染症クラスター終息のお知らせ

令和2年(2020年)12月23日から介護老人保健施設白藤苑及び関連施設にて発生致しました
新型コロナウイルス感染症クラスターにより、入所者様・利用者様・ご家族をはじめ多くの方々
に大変なるご心配・ご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。
また、亡くなられた入所者様・利用者様及びご遺族の方々には衷心よりお悔み申し上げます。

新型コロナウイルス感染症対応医療機関に搬送した入所者様・利用者様について順次治療終了し
当施設へ戻り、また当施設に入所の陽性者様も、症状軽快し治癒しております。
熊本市保健所のご支援とご助言を基に協議を行い、陽性者様についても感染リスクは無くなった
と判断し、令和3年1月26日(火曜日)をもって、クラスターの終息を宣言致します。

今回のクラスター発生の対処にあたり、熊本県・熊本市の保健当局、厚生労働省災害派遣医療
チーム(DMAT)、国立感染症研究所、入所者様・利用者様を受け入れて頂いた医療機関等、
多くの皆様のご支援、ご指導を頂きました。
この終息宣言は、皆様の多大なるご協力なしになし得る事はできませんでした。
この場をお借りし心より感謝申し上げます。

引き続き、徹底した感染予防対策を継続し、通常診療再開に向けて、体制を整え、以下の通り
再開致します。
地域住民の皆様の信頼にお答え出来るよう努めて参ります。皆様のご理解とご協力を賜ります
よう宜しくお願い申し上げます。

 〇外来診療再開日  令和3年2月1日(月曜日)

尚、通所リハビリテーションセンターについては、更なる感染対策の構築と徹底に時間を要する為、
当面の間休止とさせて頂きます。
                                      令和3年1月26日
                                      医療法人社団松下会
                                      理事長 松下和孝

1 / 1012345...10...»»