第14回九州・沖縄臨床工学会で発表を行いました

 10月5日(土)、6日(日)宮崎市民プラザで開催された
「第14回九州・沖縄臨床工学会」において、あけぼの第2クリニックの寺岡臨床工学技士が
演題【過酢酸系除菌洗浄剤の変更がETと生菌数におよぼす影響 】について発表を行いました。

20191015医療

第51回九州人工透析研究会総会において発表を行いました

 
 12月2日(日)、鹿児島県の城山観光ホテルで開催された「第51回九州人工透析研究会総会」で
あけぼの第2クリニックの久保臨床工学士が
演題「バスキュラーアクセスの評価における指尖血流量の有用性」について発表を行いました。

医療20181210

第13回九州臨床工学会において発表を行いました

 9月8日(土)~9月9日(日)、長崎県の長崎ブリックホールで開催された「第13回九州臨床工学会」で
あけぼの第2クリニックの川上臨床工学技士が
演題「下肢拳上時間が皮膚還流量と足関節上腕血流比におよぼす影響について」発表を行いました。

医療九州臨床工学会

12月3日(日)、第50回九州人工透析研究会総会で発表を行いました。

12月3日(日)、第50回九州人工透析研究会総会(福岡市)で、あけぼの第2クリニックの看護師、臨床工学士の計4名が発表を行いました。

演題名:RO装置の熱水未消毒が透析液のET値と生菌数におよぼす影響
発表者:寺岡 剛

演題名:血液透析患者の視覚障害についての実態調査
発表者:吉本 宝代

演題名:透析患者における手指末梢循環障害と皮膚灌流量との関連
発表者:久保 亮太

演題名:下肢末梢動脈疾患のスクリーニングにおける皮膚灌流量の有用性
発表者:川上 隆太郎

20171208_九州人工透析研究会総会