新型コロナウイルス感染クラスター発生について【続報1】

        新型コロナウイルスの発生に関するご報告

この度、白藤苑において発生しました、新型コロナクラスターについては多大なるご迷惑とご心配を
おかけしており、心よりお詫び申し上げます。
現在の状況について、以下の通りです。

発生状況 陽性者67名
ご利用者:白藤苑入所者45名  外来透析患者8名
職  員:14名(委託業者職員1名含む)
     
検査実施状況
 熊本県、熊本市の指導の下、PCR検査を入所者全員、濃厚接触者に実施。加えて透析通院患者及び
 職員に対して検査を行っております。

12月28日現在、職員の陽性者は、全員が老人保健施設の2フロアある内の片方で
勤務している職員となっております。
残る1フロア、併設のあけぼのクリニック1階外来及び、2階透析室、病棟に勤務する
職員に、陽性者は発生しておりません。
現在は熊本県、熊本市、DMAT事務局をはじめ関係各所の支援を受けながら引き続きPCR検査実施、
入所者のトリアージ、転院についてご依頼、検討を進めております。
透析においては、感染対策の指導を頂きながら継続して提供しております。

クラスター収束迄の間は一般外来診療、通所リハビリテーションの提供を休止させていただきます。
なお、外来通院中の患者様で治療や薬のことなどでご心配な方はお電話にてお問い合わせ下さい。

地域の皆様、関係機関の皆様方にはご迷惑ご心配をおかけ致しますが、よろしくお願い申し上げます。

                                   令和2年12月29日
                                   医療法人社団 松下会
                                   理事長 松下 和孝